安住の地
menu
安住の地

About

2016年7月に結成。2017年6月に旗揚げ公演を上演予定。京都を拠点に活動。

安住の地

中村彩乃より

どうもです。中村彩乃と申します。

ところで、芝居は面白いと始めた頃からずっと思っています。人が人を演じて人に観てもらう。それだけの出来事だけど、その中で誰かの機微に触れる一瞬があるかもしれないと思える。それが不思議で続けてきて、そしてこの度、色んな縁と機会が重なって劇団を旗揚げすることになりました。

沢山の人と会って色んな芝居をしていくなかで、自分も周りも変わりましたし今後も変わるとは思いますが、30年後も芝居は面白いと言うために頑張りたいと思います。

どうぞよろしくお願いします。

岡本昌也より

はじめまして。ぼくの名前は岡本昌也といいます。この度、少しの仲間たちと、劇団を立ち上げることになりました。劇団の名前は「安住の地」といいます。みなさま、これからどうぞよろしくお願いいたします。

安住の地というのは「何の心配もなく落ち着いて住める場所」という意味です。安住の地は、多くの人がひとつは持っているものだと思います。そうでなければ、常に希求しているものだと思います。そして、共有することも、独占することも、誰かから奪うことも、誰かに与えることもできるものです。これはぼくが劇場に求めている形に似ています。劇場には作品があります。そして作品は、ぼくたちとみなさま、あるいはみなさま同時で共有することも、独占することもできます。ぼくたちは作品によってみなさまの何かを奪うことも、何かを与えることもできます。みなさまは鑑賞や感想、批評によってぼくたちから何かを奪ったり与えたりできます。これらはすべて劇場で起こることだし、作品はそういったものであるべきだと思っています。劇場が一時的にでも、ぼくたちとみなさまの安住の地となって、ぼくたちとみなさまが集い、それぞれが生きている世界を見たり、隣に住んでいる人たちと関係したりするような作品がある、そんな団体になればいいなと思っています。

安住の地

Photo:manimanium